育児おすすめアプリ

「ノハナ」「しまうまブック」どっちがおすすめ?|フォトブックアプリ比較レビュー

フォトブックアプリ比較レビュー

増え続ける子どもの写真。みなさんはどう整理していますか?

写真共有アプリでデータ保管のみ、印刷アプリで都度印刷したりフォトブックを作ったり、コンビニコピー機で現像したり…

色んな方法で保管されていると思います!

データだけじゃなくて形に残したい&配りたい!

なるべく安くフォトブックを作りたい~!

そんな貴方へ、今回は我が家が実際に使用しているおすすめのフォトブックアプリをご紹介します。

2022年6月~nohana料金改定を反映
2022年7月~しまうま料金改定を反映

そもそも「アプリ多すぎて良く分かんないー!!」という方も序盤にざっくり解説するので、ご安心くださいね♪

この記事で分かること
  • 写真印刷アプリって?
  • 「ノハナ」「しまうまブック」の概要
  • 良いところ、いまいちなところ
  • タイプ別おすすめアプリ

\ おすすめ現像アプリはこちら♪ /

ちなみに、我が家はメイン使用は写真共有アプリ。(Famm、みてね等)

サブ使いとして、「アルバス」「ノハナ」は3年以上利用するなど、用途別にアプリを使い分けてお得に写真現像していますよ♪

管理人の利用歴
  • ALBUS(アルバス):3年以上
  • nohana(ノハナ) :3年以上
  • しまうまプリント  :2年以上
  • プリントスクエア  :2ヵ月

写真印刷アプリにはどんなものがあるの?

写真印刷アプリを検索するとヒットし過ぎて「え、どれ使うのが良いの?!」となりがちなほど、数が多いのが印刷アプリ。

ゆきママ

写真印刷アプリってどんなものがあるのかをざっくり、わかりやす~く解説していきます♪

えーたパパ

写真現像アプリの記事と同内容なので、既にご存知の方はココからジャンプしてくださいね♪

写真印刷アプリについては、出来上がりイメージをざっくり分けると

  1. 写真現像
  2. フォトブック

の2種類ある、ということだけ、インプットしておけばOKです♪

写真現像:アルバス、プリントスクエア、しまうまプリント

アルバス画像

出典: ALBUS(アルバス)

写真を1枚1枚、印刷してもらうサービスです。

自分でアルバムを作りたい(台紙に写真を貼る)、写真を飾りたい、現像写真が必要な方におすすめ。

\ ガーラント風に飾ったり♪ /

ましかくプリント活用例

光沢のある仕上がりでキレイ

印刷サイズは、最近の主流「ましかくプリント」や「Lサイズ」等、アプリによってさまざま。

無料プリント枚数が設定されているアプリもあり、

写真屋さんやコンビニの写真プリントと同等品質の写真(銀塩プリント)を安価に注文できますよ。

ゆきママ

スマホで注文できるから操作が簡単♪

家に届くから楽ちん♪

写真現像ができるアプリが「アルバス」、「プリントスクエア」、「しまうまプリント」

スマホから注文できる手軽さと、無料プリントであっても美しい仕上がりが特徴。

フォトブック:ノハナ、しまうまブック

ノハナ画像

出典:nohana(ノハナ)

薄型のフォトブックを作れるサービスです。

アプリによっては、注文時にひとことコメントや日付を入れることができます。

アルバム台紙を買って来て書き込みやデコレーションしなくても、オシャレで可愛いフォトアルバムが作れますよ。

写真を自分でアルバムにまとめるのが面倒な方、親戚に配る簡易アルバムが欲しい方に特におすすめ!

ちなみに、画質は写真現像サービスと比較するとかなり落ちる印象です。

アルバス、ノハナ比較

ノハナ vs アルバス 比較

フォトブックの台紙がマットコート塗工紙なせいかもしれませんが、正直、綺麗なカラーコピーレベルです。

(台紙、画質をランクアップすることもできますが、追加料金が必要)

ですが、お手頃価格で気軽に作れるアルバムとしてはとても優秀です♪

ゆきママ

自宅保管も良いけど、出産祝や誕生祝等の御返しで祖父母に渡すとめちゃくちゃ喜ばれる♪

フォトアルバムを作れるアプリが「ノハナ」、「しまうまブック」。

約300~400円で作れるお手頃価格と、サクッとおしゃれなアルバムが作れるのが特徴。

用途別のおすすめアプリ

数や種類が多くて混乱しがちな写真アプリ。

ざっくりですが、用途別にまとめるとこんなイメージです。

アプリ一覧

このほかにも類似アプリは多々ありますが、

特に特徴的なもの、かつ、実際に使ってみて良かったものを中心にまとめています。

上記以外にもアプリは沢山。特にフォトブックが多い印象。

PRIMII(プリミィ)、Mags Inc.、TOLOTポケットブック等があります。

写真共有アプリだと、Fammが写真の多い方には圧倒的におすすめです♪

Famm : 子供の写真プリント・家族共有アルバム作成

Famm : 子供の写真プリント・家族共有アルバム作成

Timers, Inc.無料posted withアプリーチ

\ Fammが活躍したママ友トラブルの話 /

ノハナ、しまうまブック|フォトブックアプリ比較

では、本日の本題!

安価におしゃれなアルバムが作れるフォトブックアプリ、

ノハナ」「しまうまブック」の2アプリについて比較します。

毎月作成するなら「ノハナ」

フォトブックに印刷できる写真の枚数に大きな違いがありますが、

毎月1冊以上作成する!という方には「ノハナ」が最安値でぴったり

 ノハナしまうまブック
(A5スクエア)
しまうまブック
(文庫サイズ)
サイズ140 × 140mm148 × 148mm105 × 148mm
ページ数28ページ24ページ24ページ
写真数21枚
(20枚+表紙1枚)
89枚89枚
価格665円
:本体 390円★
:送料 275円
★ただし、前月に注文していれば無料
428円
:本体 298円
:送料 130円
328円
:本体 198円
:送料 130円

※「しまうまブック」は最も安価な「ライト」での料金
2022年6月より適用の「ノハナ」新料金体系(⇒公式サイト)を反映
2022年7月より適用の「しまうま」新料金体系(⇒公式サイト)を反映

「ノハナ」は通常、本体390円/冊+送料275円(合計665円)かかるのですが、前月に注文した場合は「通常フォトブック1冊無料クーポン」を1枚もらえるので、275円のみで購入可能です。

nohana新クーポン制度

nohana公式より引用

ゆきママ

ノハナといえば「毎月1冊無料」でしたが、2022年6月から料金体系が大きく変更になりました

えーたパパ

ストレートに言えば値上げだね

ゆきママ

ノハナは「毎月買うなら1冊無料」と覚え直そう!

ただし、複数冊フォトブックを購入するなら「しまうまブック」の方が安くなる、という逆転現象が起きるので、毎月1冊買うぞ!という方は要注意です。

ゆきママ

ちなみに、しまうまも7月から送料などが値上げになっているので、業界全体で値上げの波が来ているのかも…

画質はほぼ同等

ノハナ

「しまうまブック」の「ライト」であれば、「ノハナ」の無料フォトブックとほぼ同等の画質で綺麗なカラーコピーくらいになります。

「しまうまブック」も「ノハナ」も、フォトブック自体の質感はしっかりしていて、低価格の割に満足度が高いです。

自由度が高いのは「しまうまブック」

せっかくフォトブックを作るならこだわりたい、載せたい写真が沢山ある…という方には、圧倒的に「しまうまブック」をおすすめします!

しまうまブックの編集画面

実際のアプリ操作画面

「しまうまブック」では、1ページに最大4枚までレイアウト可能で、レイアウトパターンも複数用意されています。

また、2ページ使用して、見開きページを作ることもできますよ♪

えーたパパ

見開き!これは嬉しい!

 ノハナしまうまブック
(A5スクエア)
しまうまブック
(文庫サイズ)
1ページ
最大枚数
1枚4枚4枚
見開き×
ひと言コメント××

対する「ノハナ」は1ページ1枚で固定なのでサクサク作れる一方で、自由度はそこまで高くありません。

でも、「ノハナ」では、ひと言コメントが追加できます

納品が早いのは「しまうまブック」

フォトブックアプリの注文から到着までの期間はどのくらいかかるのでしょうか?

公式サイトの情報をまとめると以下のとおり。

 ノハナしまうまブック
配送方法メール便
(ポスト投函)
メール便
(ポスト投函)
配送期間2週間前後
(発送から8日前後)
1週間前後
(発送から4~8日)
オプション配送特急オプション(ゆうメール)
:注文から10日間前後
:18時までの注文分を翌々日に発送
(発送から8日前後)
:330円
宅配便(ゆうパック)
:発送から2日程度
:660円

実際に利用してみた感覚ともズレがなく、各アプリとも正確な記載をしている様子。

ちなみに、管理人の肌感覚はこちら。

  • ノハナ : 忘れた頃に届く
  • しまうま : 想定通りの納期(年賀状の印刷発注と同じくらい)

また、2アプリとも、より早く配送するオプション設定も用意されています。

ただ、「ノハナ」は発送日が早まるだけでメール便なので、結局1週間はかかります。

そして「しまうまブック」は宅配便なので確かに早いけど、オプション配送料がかなり割高な印象です。

ゆきママ

到着まではゆったり待って、なるべく安価にアルバム作るのが正解ですね♪

毎月作るなら「ノハナ」、自由度◎価格◎「しまうま」でフォトブックアプリを賢く選ぼう

さて、ここまでフォトブックアプリ「ノハナ」「しまうまブック」を比較してきました。

それぞれ強みが違うので、最後におさらいです!

ぴったりのアプリを見つけてくださいね♪

毎月1冊作成するなら「ノハナ」

毎月1冊以上フォトブックを作成するなら、1冊たったの275円でフォトブックが作れる「ノハナ」がおすすめ。

ノハナのフォトアルバムは、自宅保管用は勿論、親戚にちょっと渡すのにもぴったりです。

毎月作る、写真に一言コメントを添えたいという方におすすめです。

\ インストール無料です♪ /

フォトブック 写真アルバムやフォトアルバムの作成ならノハナ

フォトブック 写真アルバムやフォトアルバムの作成ならノハナ

nohana, Inc.無料posted withアプリーチ

こだわりたい方は「しまうまブック」

対して、アルバムに載せたい写真が大量にある方、せっかく作るならこだわりたい、複数部作りたいという方には、「しまうまブック」がおすすめです。

かなり自由度が高いのに、1冊408円(送料込)とお手頃価格なのも嬉しいです。

※A5スクエアサイズ(ノハナと同等)の場合の価格

\ インストール無料です♪ /

フォトブック・写真アルバム 作成アプリ しまうまブック

フォトブック・写真アルバム 作成アプリ しまうまブック

SHIMAUMA PRINT, Inc.無料posted withアプリーチ

以上、実際に愛用している管理人の比較レビューでした!

皆さんのアプリ選びの参考になれば幸いです。

それでは、良い写真ライフを♪

↓↓ブログを応援していただける方はぜひポチお願いします!励みになります♪↓↓

にほんブログ村 子育てブログへ
PVアクセスランキング にほんブログ村