子育て・知育

重症化すると大変!乳幼児の便秘【1歳半息子が便秘で脱肛しました】

こんにちは、3歳&2歳の息子を育児中のゆきママ(@yukimama_345)です。

我が家の次男は現在2歳ですが、1歳半のときに便秘が原因で「脱肛」をしてしまいました。

脱肛: 肛門から腸の粘膜が外に出てしまうこと

元々、赤ちゃんのときから排便回数が少なめだったのですが、

離乳食が進むにつれて悪化し、最終的に慢性便秘・時々脱肛を繰り返すこととなり、

医療機関に長くお世話になることとなりました。(現在も治療中です

なかなか便秘が治らず、生後6ヵ月から2歳までで

小児科を3件回り「お手上げ状態」になり大学病院を紹介されました。

2歳になった現在は脱肛は無いものの、相変わらずの慢性便秘なので

処方されている便秘薬が手放せない状態です。

決して幼児の便秘は特殊事例ではないので、

乳幼児を育てられている方、これから子育てが始まる方

ぜひ知って頂きたいと思い、記事にしました。

ゆきママ

複数の医療機関を受診することになった次男。

便秘治療は長く時間がかかり、とても根気の要るものです。

軽症のうちの早めの解消が重要です!!

少しでも、お役に立てれば嬉しいです。

乳幼児の便秘はよくあること

乳幼児 通院

赤ちゃんはなんとなく快便なイメージがありませんか?

でも実際は、消化器官が発達してくるのが大体5・6歳と言われており、

それまでは便秘になりやすいのです。

なので、当然、

ミルクや母乳といった液体しか摂取していない赤ちゃんにも「便秘」は起こります

ゆきママ

赤ちゃんでもうんちが2-3日、

もっとひどいと5-7日出ないこともあるんです。

◆新生児期

消化の良いミルク・母乳を飲んでいるのですが、寝てばかりや仰向けのまま等の運動不足が原因で「便秘」になることがあります。

◆生後5~6ヵ月頃

離乳食が始まり、うんちが固形に近づきます。
しかし、消化が上手にできない排便する筋力が未熟なことで、「便秘」になってしまうことが多いです。

そして、乳幼児にも起こりやすい「便秘」ですが、

排便回数には個人差があるので、一概に「●日出なかったら便秘」と言えず、

その判断は非常に難しいです。

ゆきママ

うちの次男は、放っておくと5日間出ない赤ちゃんでした。

明らかに異常に感じたので、生後半年で医療機関を受診し、

「便秘」と診断されました。

えーたパパ

ママ、週1回は綿棒浣腸してたもんね…

あれは明らかに異常事態だし、可哀想だったね…

ゆきママ

一方で、1歳の姪っ子は、

毎日1回以上排便しているのに「便秘」と診断されました。

家庭での判断が難しい「便秘」。

でも、「便秘」を放っておくとどんどん悪化していくので

早めに気付いてあげることが重要です。


【乳幼児の便秘】症状チェックリスト

排便回数だけでは判断できない「便秘」。

もし「便秘」かも…?と気になった場合は、以下をチェックしてみてください。

① 思い当たる理由がないのに機嫌が悪い

特に赤ちゃんの場合ですが、

おむつがキレイ、空調も問題なし、お腹も満たされている、良く寝ているはずなのに

なぜか泣いてばかりの場合は、もしかすると「便秘」でお腹が苦しいのかもしれません。

② 排便時に苦しそう

毎回うんちをする際に苦しそう(唸る、顔を真っ赤にしていきむ、泣く等)な場合は

「便秘」の可能性が高いです。

ゆきママ

次男がまさにコレでした!

いつも唸る、泣く、顔真っ赤でしたし、

動けるようになると排便を嫌がって逃げていました

③ 下腹部が張っている

まるで「いかめし」のようにパンパンにお腹が張っている場合も、

「便秘」の可能性が高いです。

ただし、食後すぐは張っているのが普通なので、空腹時に確認してくださいね。

ゆきママ

次男と姪っ子がコレでした。

2人とも、いつもパンパンに張っていて、

ぽっこりお腹というよりは、固くて「はち切れそう」な感じでした。

④ 食べる量が減っている

いつもより明らかに食事量(母乳・ミルク、離乳食など)が減っている場合は、

お腹にうんちが溜まっていて苦しくなっているのかもしれません。

ただし、外出や環境の変化など、様々な要因で食事量は変動するので、

この項目だけで「便秘」を判断することは難しいと思います。

⑤ うんちが固い、出血している

うんちがいつもより明らかに固い、血がついている場合は、「便秘」の可能性が高いです。

固さ・形状の目安としては、コロコロした小さな便(うさぎのうんちのような)

最も良くないうんちの状態です。(望ましいのは、ゆるめのバナナ状)

固いうんちは、排便時に肛門付近を傷付けてしまうことがあり、これが出血につながります。

ゆきママ

次男がコレでした。

ごく少量の出血がたま~に付いていました。

⑥ 肛門にイボがある

肛門の上側(おへそ側)にイボがある場合は、ほぼ確実に「便秘」になっています。

このイボは「見張りイボ」と呼ばれるもので、便秘が原因で形成されるものです。

見張りイボとは?

便秘で固いうんちになってしまうと、排便時に肛門に裂傷(=「切れ痔」「裂肛」)が出来ることがあります。

この「切れ痔」の周りの皮膚が、排便時の刺激等で腫れてイボになったものを「見張りイボ」と言います。

特に離乳食期の女児に多いらしいですが、男児もなります。

「見張りイボ」は、便秘を解消しないと治りません。

また、完全にイボが消失するまでに長いと半年~1年かかるので、早急に治療が必要です。

ゆきママ

1歳半で脱肛した次男も、1歳4ヵ月頃に見張りイボが出来ていました。

幸い初期状態で治療開始したので2ヵ月程で回復しました。

ゆきママ

また、姪っ子は、別の症状で医療機関を受診した際に、

初期状態の見張りイボを先生が発見し、「便秘」が発覚しました。

えーたパパ

えっ!そうだったの?!

ゆきママ

オムツ替えでお尻を拭くときに

「何か出来てるなぁ、いつもより拭くの嫌がるな~」

くらいにしか思ってなかったらしい…

えーたパパ

確かにピンクの膨らみが小さいうちは、見落としがちかも

次男の見張りイボも「そのうち治るだろう」と、

最初はそこまで気にしてなかったもんね‥

カラダノート広告

家庭で出来る便秘解消法

チェックリストで「うちの子、便秘だ!」という方、「便秘気味かも」という方は、

まずは家庭で出来る対処法を試してみてください。

※脱肛や「見張りイボ」が出来ている場合は、早めにかかりつけの小児科を受診することをお勧めします。(ただし、救急に駆け込むほどではないです)

お腹のマッサージ

特に寝んね期の赤ちゃんにおすすめ♪

お子さんを仰向けに寝かせ、「の」の字を描くように右回りにくるくるとお腹をマッサージします。

その他にも横腹をさすってあげたり、左の骨盤上のあたりを指2-3本で少し強めに押すなど、

腸を刺激するイメージでマッサージしてあげてください。

お子さんによって効果の有無が異なるので、合う方法が見つからない場合もありますが、

ベビーマッサージの一環として行えるので、習慣にしやすく

お子さんもママ・パパとスキンシップが出来て喜ぶので試しやすい方法です。

ゆきママ

ちなみにうちの兄弟は、

両足を交互に動かす運動(自転車漕ぎ)が効果ありました♪

消化のよいメニューに変える

便秘=うんちがカチカチになっているので、水分を増やせばいい!と思いがちですが、

かかりつけの先生によると「単純に水分だけを摂取しても尿になるだけ」

「うんちが柔らかくなるわけではない」そうです。

なので、食事を消化の良いメニューに変えて、柔らかい良いうんちを作ることが最善手です。

具体的に言うと離乳食期の段階を1つ前に戻などして、

より消化の良い形状にしてあげてくださいね。

勿論、水分を取ることで腸を刺激できるので、

麦茶を増やしたり、白湯など温かい飲み物を飲ませることも良い方法です。

食物繊維を増やす

よく大人の便秘改善法で耳にしますよね。

子どもに対しても同じです。

離乳食期であれば、りんごのすりおろし、バナナをつぶしたもの

さつまいもを滑らかにペースト状にしたもの等が子どもの食いつきも良く、お勧めです。

綿棒浣腸

マッサージや食事療法で効果が得られなかった場合、または、ひどい便秘の場合は

綿棒浣腸でうんちを出してあげるのも1つの手段です。

便秘の疑いがあり、排便を痛がる・嫌がるような素振りがあるなら、おすすめの方法です。

ゆきママ

排便を嫌がる=うんちが固くて痛い なので、

早く出してあげないと、より痛みが増し、排便を我慢するようになり、

便秘が悪化してしまいます。

綿棒浣腸のやり方は、

  1. おむつやおむつ替えシートをお尻の下にスタンバイ
  2. 綿棒の先にワセリンかベビーオイルをたっぷりつける
  3. 肛門の外側をちょんちょんと刺激(⇒排便できたら終了)
  4. 肛門に綿棒の綿部分をゆっくり出し入れ

と、優しく行ってくださいね。

1歳頃になると、③綿部分をゆっくり入れた後に円を描くようにぐるりと回して

刺激してもOKです。

この場合も、肛門を傷付けないように注意してくださいね。

ただし、1歳半頃になると綿棒浣腸では刺激が届かないのか、効果が出づらくなります

また、この頃になると子どもも嫌がって激しく暴れるようになり、

思わぬ怪我につながりやすく危険なので、控えた方が良いと思います。

綿棒浣腸は、「困ったときの最終手段」くらいの感覚で実施するのがおすすめです。

綿棒浣腸を習慣化してしまうと、自力で排便しなくなるのでやり過ぎには注意してくださいね

あとがき

今回は、乳幼児の便秘について紹介させて頂きました。

知っておいて損は無いので、ぜひご一読頂けると嬉しいです。

ホームケアについては、すぐに実践できるものばかりなので

便秘で悩んでいたり、疑いがある場合はぜひ試してみてくださいね!

「たかが便秘」と放っておくと、

我が家の次男のように「見張りイボ」や「脱肛」につながるかもしれません。

この記事が、乳幼児の便秘のことを知るきっかけになり、

便秘が重症化するお子さんが1人でも減ることに繋がれば嬉しいです。

今後、「次男が脱肛するまでの話」「医療機関の対処法(処方薬など)」

「SNSの先輩ママ達おすすめの便秘対処法」等をご紹介していく予定です。

気になる方は、良かったらまた当ブログを覗いてくださいね♪

以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

↓↓ブログを応援していただける方はぜひポチお願いします!励みになります♪↓↓

にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村