絵本・おもちゃ

泣ける恐竜絵本「おまえ うまそうだな」大人にもおすすめ♪

おまえうまそうだなタイトル

こんにちは、4歳&2歳の息子を育児中のゆきママ(@yukimama_345)です。

宮西達也さんの絵本を読んだことがありますか?

30代半ばで初めて宮西達也さんの絵本「おまえ うまそうだな」に出会った管理人。

いや、正確に言えば表紙は見かけたことがありますがスルーしていました。

絵本を選ぶ際に絵と題名でなんとなく内容をイメージしている方が多いと思います。

(「感動」「面白い」「可愛い」「知識を得る(学習)」みたいな)

そんな読む前の思い込みを良い意味で裏切ってくれた「おまえ うまそうだな」。

本当におすすめなので、全力紹介させて頂きます!

記事を書いている人紹介

大人がハマる宮西達也さんの作品とは?

宮西達也さんの絵本紹介

宮西達也さんの絵本に出会うきっかけは、おすすめ絵本を特集したことでした。

Twitterでおすすめの絵本を呼び掛けたところ、集まった合計65作品の中に宮西達也さんの絵本が3作品!

  • おとうさんはウルトラマン
  • おまえ うまそうだな
  • おかあさんだいすきだよ

1番好きな絵本として3作品も挙げられるとは…宮西達也さん何者?!となりました。

しかも、読んだら分かりますがこの3作品はそれぞれ別シリーズです。

また、特筆すべきは、みんなのおすすめ理由が他の絵本とちょっと異なること。

「自分の幼少期の思い出の本」だったり「涙なしに読めなかった」等、子どもにウケが良かった等ではなく大人自身が好きな絵本として推してくださいました。

ゆきママ

どの作品も素敵でしたが、

「おまえ うまそうだな」は最も衝撃を受け、感動した作品でした

「おまえ うまそうだな」の魅力

おまえうまそうだなの魅力

我が家の兄弟が恐竜好きなこともあって、“きっと受けが良いだろう”と、まず最初に手に取ったのが「おまえ うまそうだな」でした。

はっきりした線で描かれたちょっとコミカルな絵。

ページをめくってみると、「ドドド…」や「ガオー」と手書きの効果音が書いてあってやっぱりコミカルな印象。

表紙に描かれた人相の悪いティラノサウルスが「おまえうまそうだな」と他の恐竜を襲って無双するか失敗するストーリーなのかなと思いきや…

全く予想外の展開になり、気づけばティラノサウルスに感情移入してしまうこと間違いなし。

不器用だけど深い愛が描かれている切なくて美しい作品でした。

「おまえ うまそうだな」は、親子の愛や友情を描いた「ティラノサウルスシリーズ」の原点となった第1作。<シリーズ累計: 15作品>

あらすじ紹介

あらすじ紹介

舞台は恐竜時代。

山がドドド…と噴火して、その時に生まれたのが草食恐竜アンキロサウルスの赤ちゃん。

でも赤ちゃんは何故か一人ぼっち。

とぼとぼ泣きながら歩いている可愛い赤ちゃんが最初に出会ったのが、大きな大きなティラノサウルスでした。

「ガォーー!ひひひひ・・・・、おまえうまそうだな」

表紙の人相の悪いティラノサウルスがヨダレを垂らしながら登場します。

アンキロサウルスの赤ちゃんは大ピンチ。

ところが、ティラノサウルスが今にも飛びかかろうとしたその瞬間…

「おとうさーーん」

アンキロサウルスの赤ちゃんがティラノサウルスの足にひしっとしがみついたのです。

これに驚いたティラノサウルスは思わず、

「な…なんで、俺様が、お…お父さんだって、分かったんだ?」

と答えてしまいます。

そして、肉食恐竜と草食恐竜の不思議な親子暮らしが始まるのでした。

コミカルな作品と油断することなかれ!

「愛」をテーマにした切ない物語です

父親らしく振舞うティラノサウルスに、少しずつ優しい気持ちや愛おしく思う気持ちが芽生え…その描写に子どもより大人が引き込まれます。

涙せずにはいられない切ないラストシーンは必見

ゆきママ

読み聞かせている大人が思わず涙してしまう。

これは本当に児童図書なの?!

えーたパパ

本当に衝撃を受けた!

ティラノサウルスシリーズ全部読むしかない!

\ 絵本の読み聞かせアプリもおすすめ♪ /

ティラノサウルスシリーズとは

ティラノサウルスシリーズ紹介

父と子、母と子、友情など、様々な「愛」をテーマにした、宮西達也さんの絵本シリーズです。

主人公は乱暴者のティラノサウルス。

他者と接するうちに優しい気持ちや、愛情等が徐々に芽生えていきます。

その過程に読み手が自然と引き込まれていき、感動すること間違いなしの物語ばかりですよ。

作品一覧(15作品)

  1. おまえ うまそうだな
  2. おれはティラノサウルスだ
  3. きみはほんとうにステキだね
  4. あなたをずっとずっとあいしてる
  5. ぼくにもそのあいをください
  6. わたしはあなたをあいしています
  7. あいしてくれてありがとう
  8. であえてほんとうによかった
  9. いちばんあいされてるのはぼく
  10. わたししんじてるの
  11. あいすること あいされること
  12. やさしさとおもいやり
  13. ずっとずっといっしょだよ
  14. ヒヒヒヒヒ うまそう
  15. キラキラッとほしがかがやきました
ゆきママ

中でもおすすめな作品を紹介していきます。

テーマ別に選んだので、絵本選びの参考にしてもらえたら嬉しいです♪

パパにおすすめの作品

「父と子の愛」を描いた作品は、「おまえうまそうだな」以外にもありますよ♪

ぜひパパに読み聞かせてもらいたい作品です。

いちばんあいされてるのはぼく

エサにしようと拾ってきた5個の卵から孵ったのは5匹のアンキロサウルスでした。

親と慕ってくるアンキロサウルスに、不本意ながらも父親として奮闘し始めるティラノサウルス。

ある日、1匹のアンキロサウルスが「いちばんあいされてるのはぼく」と言い出します。

他の兄弟たちはジェラシーを感じるし、そのことを思わせる出来事も起こり…。

でも本当はみんな平等に愛しているティラノサウルス。

父親の深い愛情が描かれた作品です。特に兄弟のいるご家庭におすすめ。

ママにおすすめの作品

「母と子の愛」を描いた作品もあります。

号泣すること間違いなし…ハンカチを準備して読んでくださいね!

あなたをずっとずっとあいしてる

草食恐竜マイアサウラのお母さんが拾ってきた卵は、なんとティラノサウルスの卵でした。

生まれてきたティラノサウルスを自分の子と分け隔てなく愛する母親。

やがて成長し、産みの親、育ての親、兄弟を愛するがゆえに葛藤するティラノサウルス。

「あなたが どこにいても いつまでも あなたを あいしている」

という母親の言葉が深く胸に刺さります。

恐竜好きなお子さんにおすすめ

乱暴者で嫌われ者のティラノサウルスが、他の種類の恐竜と友情を育む物語。

たくさんの種類の恐竜が出てくるので、恐竜好きなお子さんにはこちらの作品がおすすめ。

きみはほんとうにステキだね

いつも意地悪ばかりをしているティラノサウルスが、海に住む心優しいエラスモサウルスと出会い、友情を育むお話。

友人と接するうちに、心がポカポカする気持ち、嘘をつくと胸がズキズキ痛くなる気持ち相手を助けたいと思う気持ちなど、

初めての感情を得て徐々に変化していくティラノサウルス。

でも海にも意地悪で乱暴者の恐竜がいて、エラスモサウルスは大怪我をしてしまい…。

切ないラストシーンには胸が苦しくなります。

おれはティラノサウルスだ

両親の愛情に包まれて育ったプテラノドンの子どもと、ティラノサウルスの物語。

父親からは生きていくための強さを、母親からは相手を思いやる優しさを教わり、いよいよ巣立ちのときを迎えたプテラノドンの子ども。

その前に、自分を食べようとして怪我をしたティラノサウルスが…!

「どんなひとでも、こまっていたらたすけてあげるのよ」という母親の教えを守り

正体を隠しながら必死に看病するプテラノドンの子ども。

すれ違うプテラノドンとティラノサウルスの切ない結末に涙すること間違いなしです。

わたししんじてるの

トリケラトプスの子ども「リケラ」の人を信じる気持ちが奇跡を起こす物語。

落石で閉じ込められた両親を救うため、乱暴者で有名なティラノサウルスに自分の身を差し出して助けを求めるリケラ。

どんなときもずっと信じ続けるリケラの姿にティラノサウルスの心にも変化が…?

健気なリケラと接するうちに、ティラノサウルスが優しく変化していく物語です。

まとめ

今回は宮西達也さんの絵本「おまえ うまそうだな」の紹介をさせて頂きました。

ティラノサウルスシリーズは、「愛」をテーマにしながらも幸福感いっぱいで終わらない、切なさが強く残る物語ばかりです。

そのため、対象年齢が4歳頃~となっていても小学生以上のお子さんや大人の心に深く刺さる絵本になっていますよ。

単純な内容の絵本と違って、「愛とはなにか」「自己犠牲の心」「親心」等、考えさせられる事柄が多い作品だと感じています。

ゆきママ

まだお手に取ったことが無ければ

ぜひ一度読んでみて頂きたいです!

以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

↓↓ブログを応援していただける方はぜひポチお願いします!励みになります♪↓↓

にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

絵本の記事、書いてます♪

絵本の読み聞かせアプリ、絵本の新しい楽しみ方が出来て楽しいですよ♪