スキなこと

ぴょんぴょんがえるの作り方|子どもと折り紙工作で楽しく知育

こんにちは、4歳&2歳の息子を育児中のゆきママ(@yukimama_345)です。

おうち遊びのネタが無いかしら…?

雨が続く梅雨の時期など、お外で遊べない日は、子どもと家の中でどう過ごすか悩む方が多いと思います。

もちろん手持ちのおもちゃ、室内遊具、DVD、youtubeなど…、子どもと一緒に楽しめるなら何して遊んでも良いと思いますが、せっかくなら季節を感じられる折り紙工作なんてどうですか?

用意するものは折り紙だけで手軽だし、手先も器用になって一石二鳥ですよ♪

今回は、折り紙で作る「ぴょんぴょんがえる」をご紹介します。

「ぴょんぴょんがえる」は跳ねて遊べるおもちゃ

ぴょんぴょんがえる完成図

「ぴょんぴょんがえる」は名前のとおり、かえるのお尻を指でギュッと押して離すと「ぴょん♪」と跳ねる折り紙工作です。

作り方は1回覚えれば簡単で、小さな子どもが楽しめる立派なおもちゃになりますよ。

大人と一緒に作るなら3~4歳児、1人で作るなら4~5歳児くらいの難易度です。

遊ぶだけなら1歳児から遊べますよ♪

ぴょんぴょんがえるの作り方

ぴょんぴょんがえるの作り方を、実際の制作写真とともにご紹介します。

用意するもの

  • 折り紙: 1枚
ゆきママ

これだけ♪

一般的な15cm×15cmの折り紙で、子どもの手のひらサイズのカエルが作れますよ♪

折り方

では、早速作り方をご紹介します。

まずは、折り紙を縦横半分に折り、十字の折り目をつけます。

ぴょんぴょんがえるの作り方1

再び半分に折り、上半分をさらに半分に折ります。ちょうど1/4の位置に折り目が付けばOK。

ここで、一度表裏をひっくり返して、先ほど折り目を付けた場所を三角に折り、クロスする折り目をつけます。

ぴょんぴょんがえるの作り方2

表裏をひっくり返すのがポイント!次の工程が簡単になるよ♪

先ほど付けた折り目に沿って折ると、自然と三角形に折りたたむことができます。

ぴょんぴょんがえるの作り方3

もし上手く出来ない場合は、1つ戻ってクロスする折り目を、山折り・谷折りの逆につけてみて!

ゆきママ

お疲れ様!あと半分!

さて、ここからカエルの形を作っていきますよ~!

まず上の三角を適当に折って前足をつくります。(本当に適当でOK)

出来たら下側を半分に折ります。

ぴょんぴょんがえるの作り方4

下側を左右から折りたたみます。(ちょうど真ん中に合わせる)

できたら下から足の付け根の部分に合わせて折ります。

この時点で結構小さくなるので、だんだん折りづらくなってきます…!

ぴょんぴょんがえるの作り方5

さきほど上下半分に折ってつけた折り目と、三角形を作るイメージで折ります。

すると、そのまま折りたたむと、なんと船の形に。

ぴょんぴょんがえるの作り方6

ここから後ろ足を作っていきますよ♪

船を折り目(赤)にそって下に折ります。

その後、前足の付け根の折り目(黄)に沿って半分に折り、さらに半分を折り返します。

ぴょんぴょんがえるの作り方7

横から見てジグザグになっていたらOK!厚みが出て折りづらいけど、固いほどよく跳ねるよ♪

最後にひっくり返したら、「ぴょんぴょんがえる」の完成です。

ぜひお子さんと顔を書いたり、可愛くデコレーションしてみてくださいね♪

作り方が良く分からないときは動画もおすすめ!

不器用すぎて良く分からん!!!!

うちのパパもそうですが、静止画だと折り方が良く分からないという方は動画で作り方を見るのがおすすめです。

動画の場合は、いちいち止めるのが面倒なのでざっと工程を眺めて頭に入れておいてから、当サイトのような静止画の作り方を見ると頭にスッと入ってきやすいですよ。

不器用さんでも作れる、おすすめの動画はこちらです。

ゆきママ

ばぁばって言うけど、説明は明朗だしサクサク進んで分かりやすい!

折り紙工作で楽しくおうち遊びしよう!

お外で遊べない雨の日や、ゆっくりしたい日は、お子さんと折り紙工作をしてみてはいかがでしょうか?

折り紙は実際に作ることで手先も器用になりますし、自分で折れるようになると達成感を得られるので知育にもぴったり

保育の現場でも良く活用されている遊びです。

他にも「セミ」や「チューリップ」など、3~4歳児でも作れる折り紙工作はたくさんありますよ♪

おうち遊びのネタのひとつにぜひ加えてみてくださいね。

↓↓ブログを応援していただける方はぜひポチお願いします↓↓

にほんブログ村 子育てブログへ
PVアクセスランキング にほんブログ村