ブログデザイン・運営報告

【Twitter永久凍結⇒復活】凍結時の対応、影響まとめ

Twitter凍結解除

こんにちは、4歳&2歳の息子を育児中のゆきママ(@yukimama_345)です。

2022年7月22日に突然なんの連絡もなくTwitterアカウントが永久凍結されたのですが、2022年8月19日に突然アカウントが復活いたしました。

Twitter凍結解除
えーたパパ

よかったねー!!!

ですが、何が何やら…大混乱の極みで…。

結局何も悪いことをしていなかったということなのか(手違い)、1アウトだったから許してあげよう(初犯見逃し)なのか判明しておらず気持ちの悪い状況です。

今回は、実際に私のアカウントに起こった事象と、同様のトラブルに巻き込まれた友人約10名の事象から凍結時の対応や、影響をまとめました。

凍結騒ぎに巻き込まれた方、凍結でお困りの方の参考になれば幸いです。

\ 凍結された時の話 /

凍結されるとどうなる?

まず、Twitterアカウントが凍結/永久凍結されるとどうなるかをまとめました。

凍結の影響
  • できることは基本的にログインのみ
  • ツイート/いいねできない
  • 自分の過去ツイートが表示されなくなる(引用していた場合は「ツイートは削除されました」となる)
  • DMは直近のものは見えるが、過去メッセージの読み込み不可
  • フォロー、フォロワーは全て0になる

つまり、凍結された場合、何もできないということです。

人のツイートを読んだり友人を検索することなどはできるので、状況を把握することはできますが反応を残すことはできません。

ゆきママ

自分だけRead Onlyになる感じだね

対処法はどれが正解?⇒異議申し立て後、待つしかない

Twitterの凍結については、多数のサイト・SNS上で色々な対処法が紹介されていますよね。

結論から言うと、身に覚えのない凍結の場合は、「異議申し立て」をするのが1番です。

というか、「異議申し立て」をしないと復活できません。

そして大事なのは「異議申し立て」後に送られてくる自動返信メールに反応することです。

これは、凍結に関する連絡先が合っているかの確認メールなので、「送付先として合っている」ことを回答しましょう。

連絡先確認メール

自動返信メール(異議申し立て後)

ゆきママ

まずは落ち着いて「異議申し立て」、自動返信メールへの返信をしよう!

異議申し立ての方法については、こちらの記事をご覧ください。

Twitterが突然「永久凍結」?!|ルール違反、対処法について

通常の凍結の場合、早ければ異議申し立ての翌日に解除されることもあるそうです。

異議申し立て時には「身に覚えがない」ことを明文化することがポイントですよ。

短期間での大量フォロー、フォローバックにより、スパム等と疑われ、凍結されることも。
でも、きちんと身の潔白を訴えれば凍結解除してもらえるかも!

異議申し立ては英語でやった方がいい?

よくある対処法として、異議申し立て時には英文を添えることが推奨されています。

これは日本語対応可能なスタッフがいない場合も備えて、日本語と英語の2ヶ国語で送付した方が良いと言われているためです。

ですが、今回の凍結騒ぎ(凍結祭り)に関して言うと、英文を添えて問い合わせをした人も日本語で問い合わせをした人も、総じて問い合わせはスルーされました。

そして、返ってくるのは日本語の自動返信のみ!

ということで、Twitter本社(サンフランシスコ)に突撃(メール、FAXなど)する!という以外であれば、日本語での問い合わせで十分かと思います。

ただし、Twitter Japanも日本向けのTwitter運営の会社ではありますが、社内資料はほぼ全て英語、当然外国籍の方も多数勤務されているので、余裕があったら英文を添えてみましょうね。

ゆきママ

英文でうーんうーん悩むくらいなら、なるべく早く日本語で問い合わせよう!

余裕があったら英文添えるくらいのテンションでOK!

返信がない場合は何度も問い合わせるべき?

これも良くある疑問ですが、今回の凍結騒ぎ(凍結祭り)に関して言えば、何度問い合わせようが、1度だけ問い合わせようが結果は同じのようでした。

現に私は自動返信へのメール返信(連絡先の確認)のあと、1度追加で問い合わせを送っていますが、ずっとスルーされていました。

実際に送ったメール

そして、数度問い合わせた人も、私のように計2回問い合わせた人も、問い合わせをしなかった人も、同じタイミング(2022年8月19日)でアカウント復活しました。

問い合わせの英文添える、と同様に、こちらも余裕があったら数度問い合わせてもいいかも…くらいに考えておいた方が良さそうです。

ゆきママ

何かアクションを起こしていないと不安ですよね。

そんな場合は過度に期待せず、ダメ元で問い合わせてみてもいいかも

サブ垢の運用はダメなの?⇒OK、NGの線引きはあいまい

えーたパパ

Twitterアカウントが凍結されたら困るよね?サブ垢運用って本当にダメなの?

本来はサブ同じように運用することはダメと書いてあります。(Twitter規約に明文化されてます)

SNSとしては、InstagramやTikTokなど、他のツールもありますが、Twitterとはまた違った特長のある媒体で、いきなりそちらへ切り替えるというのは難しいですよね。

そのため、本アカウント凍結後にTwitterでサブ垢を作る人が多数見受けられました。

  • 元々複数持っていたアカウントを利用
  • 別の電話番号、メールアドレスでアカウント取得 など
ゆきママ

私は元々持っていたサブ垢(本垢とは少し違う運用スタイル)で、親しい友人と連絡を取り合いました

ここで注意が必要なのが、「凍結されたアカウントを代替または模倣するアカウントを作成すること」は重大な違反となることです。(永久凍結の対象です)

つまり、凍結されちゃった!→そうだ、新垢で同じようにまた活動始めよう!というのはNGということです。

ただ、今回新アカウントを作った人達を見ていると、ほんの少しでもユーザ属性を変えれば大丈夫なようです。(アイコン画像を変える、アカウント名を変える、フォローする人の属性を変えるなど)

えーたパパ

ママはどうしていたの?

ゆきママ

元々ママ垢として持っていたので、フォロー/フォロワー共に育児アカウントが多かったのと、ツイート内容も育児メイン&新属性として筋トレ・ダイエットを中心に変えてみたよ!

凍結を期にダイエッターとして活動開始!

ちなみに、アイコンは変えていましたが、アカウント名は「ゆきママ@夫婦でブロガー」(永久凍結されたアカウント)と「ゆき@ゆる筋トレ中ブロガー」(サブ垢)と、かなり酷似した名前にしていました。

ゆきママ

Twitterの友人と繋がるために、見つけてもらえて&同一人物と分かってもらえるように似たような名前にしてたよ~(苦肉の策)

えーたパパ

ほぼ同じでも問題ないの??

ゆきママ

うーん、これは未検証だけど・・・多分大丈夫。でも1人「ブロガー」って名前に入れた瞬間に再凍結された方を知っています><

サブ垢の電話番号は一緒にしたらダメ?

通常使う分には問題ありません

1人の人間が複数アカウント所持することは禁止されていません。(最大10アカウントまで)

公式でも複数アカウントの管理方法を紹介されているくらいです。

(公式)Twitterヘルプセンター「複数のアカウントを管理する方法」参照

ですが、凍結された場合は注意が必要です。

本アカウントとサブアカウントの関係性が明らかになり、「凍結されたアカウントを代替または模倣するアカウント」であることが発覚しやすくなります。

※そもそも同じような運用しちゃダメだけどね!ココ重要!

ゆきママ

私は本アカ凍結後に、サブ垢にうっかり同じ電話番号を登録してしまったけどセーフでした

えーたパパ

危ない橋を渡ったんだね!サブ垢も無事でよかった…

ゆきママ

ブロガー垢ではなく、ママ垢or筋トレ垢と見なされたのかもしれない!奇跡的に?

なので、複数アカウントを運用している方、しようとしている方は同じような内容のツイートをしないことが重要です。

また、当たり前ですが、本アカのツイートを別アカでリツイート(RT)などは最もやってはいけない行動ですよ!

十分に注意して運用していきましょう。

ただし、凍結になった人の場合は、

  • 別垢のアカウント名を一部同一に変更した途端に別垢も凍結
  • 同一の電話番号を登録した途端に凍結
  • 同一の電話番号で新規アカウント登録できない

など、普段以上に規制が厳しいことが多いようです。

凍結の原因は?⇒不明

冒頭で少し触れたように、結局何が原因で「永久凍結」になったのか分かりません

ですが、通常は「永久凍結」となると滅多に復活できないそうなので、今回の凍結騒ぎはTwitter側の不正利用を検知するアルゴリズムで何かしらの不具合があったのだと思います。

そして、手違いであったならば、通常謝罪のメールの1つくらいあると思うのですが、それも現時点(2022年8月19日)で届いていません。

ゆきママ

結局約1ヵ月、訳も分からず一方的にBANされた…

えーたパパ

謝罪の1個くらいあってもいいよね!

ここから推測されるのは2つ…

  • アルゴリズムの不具合で大量に無実のアカウントを凍結してしまった!大混乱中で対応しきれていない(みんな冤罪パターン)
  • 本来1アウトで「凍結」にすべきだったところ「永久凍結」にしてしまったが、事前通告とかしていなかったのでとりあえず復活(本当は1アウトパターン)

おそらく、冤罪パターンだと思いますが、今後も「疑わしきは罰せよ」的に突如凍結されることもあると認識して、今まで以上にルールをしっかり守りながら楽しくTwitterしていきたいと思います。

おわりに

結局、今回のTwitter凍結騒ぎ(2022年7月~8月)は、多数の無実なアカウントが理由も分からず凍結被害にあうこととなりました。

そして、その無実を証明するがごとく、多数のアカウントが一斉に2022年8月19日に凍結解除され、皆戸惑いながらも復帰してきたのでした。

ゆきママ

戻れた皆、本当によかったね…!!

おそらく今日以降も続々と無実のアカウントが復帰してくると思います。

例えば、14時頃はユーザ検索画面で「ゆきママ」は出てこなかったのですが、22時頃になると表示されるようになりました。

ユーザ検索画面の表示変化

こういった形で、徐々にですが、Twitter側がアカウントを戻す処置を進めていってくれているのだと思います。

なので今現在、ユーザ検索画面に自分が表示されないという方も、アカウントが復活したのであれば、時間が経過すれば表示されるようになるはずですよ!

\ 油そばでも食べてゆっくり待とう /

\ ママ友トラブルの話、暇つぶしにどうぞ♪ /

ただ、今回の騒ぎを経て、改めてTwitterの利用規約を勉強することができ、やってはいけない行動を認識できたのはとても良い経験だったと思います。

冤罪(誤凍結)だったとしても、疑わしい行動があったのだから今回凍結対象に選ばれたのだと考えているので、今後より一層気を付けて、でも楽しくTwitterをしていこうと思います!

ゆきママ

本アカウントもサブ垢も違った運用で続けていければいいな♪

最後に。

凍結されている間、心配して何とか別のSNS等で連絡を取ろうとしてくださった方、SNSで呼びかけてくださった方、当ブログに遊びに来てくださった方、フォローを外さずに待っていてくれた方…。

たくさんの優しい友人たちには感謝でいっぱいです。

本当にありがとうございました。

これからもどうぞ末永くよろしくお願いいたします。

イラスト

↓↓ブログを応援していただける方はぜひポチお願いします↓↓

にほんブログ村 子育てブログへ
PVアクセスランキング にほんブログ村